城下町ブログ

尼どれーぬ

「あまがさき観光案内所」のスタッフによるブログをはじめました!

2019年3月25日、阪神尼崎駅前にオープンした「あまがさき観光案内所」は、地元尼崎をよく知るスタッフが、尼崎の観光スポットをご案内、観光パンフレットの配布、ボランティアさんによるガイド付きまち歩きコースの申込受付などを行っています。FREE Wi-Fi完備で、館内のイスやテーブルでは案内所で販売しているお菓子やソフトドリンクをイートインすることができます。観光やまち歩きの休憩場所として利用していただける施設です。

あまがさき観光案内所では、尼崎のお土産販売も行っています。

尼崎にお土産なんてあるの?と思う方も多いと思います。そのご意見はごもっともで、なぜなら尼崎には道の駅もないし、高速道路パーキングエリアにお土産はありません。(阪神高速3号神戸線に尼崎PAが出来ましたが自販機だけですね。)市内の主要駅に売店やコンビニはあれど、観光客向けのおみやげ屋さんは無く、尼崎のお土産品を目にする機会がほどんど無かったのです。

これまでメイドインアマガサキコンペに選ばれ「メイドインアマガサキ」として認証された品を販売するお店「メイドイン尼崎ショップ」はありました。しかし、昨年12月に惜しまれながらも閉店し、その跡地にあまがさき観光案内所がオープンしました。

そこで新たに、尼崎にゆかりのある様々な品の中から「観光土産」としての視点で選び、あまがさき観光案内所で販売することになりました。尼崎城下町の観光の思い出に、また尼崎に住む方は遠方にご訪問される際の手土産としても購入していただけるような品をセレクトしています。

お土産といえば、その土地の名物を使ったお菓子が定番ですよね。

まずご紹介したいのは「尼どれーぬ」 

尼崎伝統のレシピで作られた醤油「尼の生醤油(なましょうゆ)」を使ったマドレーヌです。

袋を開けると、ほのかに醤油の香りがします。砂糖と蜂蜜による甘みと醤油の香りが絶妙なバランスです。大ぶりサイズのマドレーヌですが、ふんわりとした口当たりなのでスルッと食べられます。

尼の生醤油(なましょうゆ)は、江戸時代から尼崎の特産品として広く知られており、尼崎の大物(だいもつ)付近には醤油蔵が軒をつらねていました。戦後に一度は消滅してしまったのですが、当時とほぼ同じ製法で兵庫県内の醤油工場で製造し、復活させたものがこの「尼の生醤油」です。

良質の丸大豆を使用し寒仕込み半年醸造で作られ、一般の濃い口醤油に比べ塩分控えめの低塩醤油です。とても香りが良く、まろやかな味わいが特徴です。

醤油を洋菓子に組み合わせるなんて、配合や製造方法に苦労されたのではないかと思い、製造しているパティスリーアルクのオーナーパティシエ武本さんに、こだわりやアピールポイントを聞いてみたところ…

パティシエさん「醤油をあわせるの大変だった?とよく聞かれるんだけどね…実は、特にこだわりも無くて、試作2回ぐらいですぐ出来ちゃった。」

観光案内所スタッフ心の声(…それは正直すぎる、そこは もっと盛りましょうよ。(笑) )

尼の生醤油が予想以上にマドレーヌとの相性が良く、すぐに商品化できたとか。塩分控えめで、甘い香りがする尼の生醤油だからこそ、バターや卵との相性もいいのかもしれませんね。

パティシエさんの飾らないお人柄がにじみ出るような、優しい味わいのマドレーヌは、尼崎土産として若い方から、ご年配の方まで年齢問わずに人気の品になっています。

【尼崎土産・商品情報】

■商品名■ 尼どれーぬ

■サイズ■ 1箱 5個入り

■価格■ ¥1,000(税込)

■原材料■ 卵、グラニュー糖、小麦粉、バター、生クリーム、蜂蜜、葛粉、アーモンド、醤油、ベーキングパウダー

■製造■ パティスリーアルク

※お取り置きやご注文につきましては、あまがさき観光案内所へお問い合わせください。

【あまがさき観光案内所】

■所在地■ 〒660-0884 兵庫県尼崎市神田中通1-4 中央公園内

■営業時間■ 09:00〜17:00

■休日■ 年末年始(12月29日から1月2日)

■TEL■ 06-6409-4634

■FAX■ 06-6409-4638

■E-mail■ info@ama-t.or.jp