イベント


Event Details


人間国宝 村山明 木工芸の世界 ~木に活きる五十年~

尼崎市出身で人間国宝の村山 明(むらやま・あきら 1944-)の木工芸の世界を紹介します。
村山が手掛ける作品は、木地に漆を刷り込む拭漆(ふきうるし)と呼ばれる技法で仕上げられた、艶やかな木肌と美しい木目模様が特徴的で、その魅力ある佇まいは海外でも評価が高く、イギリスのビクトリア&アルバート王立工芸博物館などに作品が収蔵されています。
尼崎では初の個展となる本展では、貴重な初期作品を含む約45点を通して、村山の木工芸の世界を存分にお楽しみいただきます。
また、尼崎市にゆかりのある工芸作家たちによる小企画展「あまがさきのKOGEI展」を併設し、陶芸・染色・人形・木工象嵌など様々な工芸作品を展示するとともに、工芸の世界を子どもたちにより親しんでもらう取り組みとして、出品作家の指導によるワークショップを会場内で開催し、作家とともに創作する楽しさもあわせて提供します。

■ 日時
  令和元年6月15日(土)から8月4日(日)
  10:00から17:00まで(入館は閉館30分前まで)
  ※6月15日(土)は12:00開館
  ※休館日 毎週火曜日(6月18日、25日、7月2日、9日、16日、23日、30日)

■ 場所
  尼崎市総合文化センター5階美術ホール

■ 併設企画
  「あまがさきのKOGEI展」
  【出品作家】 
  陶芸:入江睿子、大松孝寿、惣田司、中村恭子、水谷郁
  染色:能宗京子、山本昭子
  染織:勝井道子
  木工象嵌:星野尚
  人形:山本綾子

■ 料金
  一般500円・シニア(65歳以上)250円・大学生250円・高校生以下無料
  ・65歳以上の方は身分証提示により半額
  ・身体障害者手帳・精神障害者保健福祉手帳、療育手帳などを持参の方は、手帳の提示により半額、介護者1人は無料

■ 関連イベント
  尼崎市総合文化センターホームページ をご覧ください。

■ 問い合わせ
  公益財団法人 尼崎市文化振興財団(06 (6487) 0800)