貯金箱で世界一周しちゃおう!世界の貯金箱博物館

尼崎に来られたらぜひ訪れてもらいたいスポット「世界の貯金箱博物館」。古今東西、世界中の貯金箱がなんと14,000点も収蔵されていています。今回はそんな「貯金箱で世界一周できる「世界の貯金箱博物館」をご案内。お子様から大人までワクワクすること間違いなしです!

中に入ると所せましと沢山の貯金箱がお出迎え

もともとは、尼崎信用金庫の職員さんが趣味で集めた貯金箱コレクションを元に設立された貯金箱専門の博物館。日本はもちろん、欧米やアジア、中東など古代から現代まで世界62ヵ国、14,000点もの貯金箱が収蔵されています。

公開されている貯金箱博物館としては、量・質ともに世界最大級の貯金箱博物館なんだとか。

展示は1階~2階の12コーナー。
貯金箱の歴史や、世界各国のお国柄のあしらわれた貯金箱、昔懐かしいノスタルジックな貯金箱など、子どもから大人まで楽しめるスポットとなっています。

「タマニーバンク」貯金箱。コインを入れると役人の懐にゆっくりとコインが落ちていきます。コインが懐に入るとゆっくりと「うんうん」と頷く役人。これはもしややってはいけないことでは!?なんとも言えない不穏な表情にも注目です。


こちらは、戯曲「ウィリアム・テル」を題材にした貯金箱。テルの持った鉄砲上のコインがお城の中に飛び込みます。こんな工夫を凝らした貯金箱だと、楽しくお金を貯められそうですね。


メイドイン日本コーナーの招き猫。こんなにたくさんの愛らしい猫ちゃんたちに見つめられると1日縁起がいいです。


こちらはからくりコーナーの貯金箱。コインを入れると光ったり、動いたり、音が鳴ったり。不思議で仕方がなかったコインが消える貯金箱も展示されています。子どもの頃にこんな貯金箱を持っていたら、さぞかしお金が貯まっていたことでしょう。

貯金箱からみえてくる世界の文化がある!


「欧米の貯金箱は鍵付きのものが多く、日本のものは割らないとお金が取り出せないものが多いんです。『割る』という行動は、心理的な抵抗を感じてしまいますよね。これは西欧のものは『献金』の器としての役割を担ってきたことに比べると、日本の貯金箱が『ただひたすらにコツコツと貯める器』として登場したという文化の違いによるものかもしれません。」


と館長さん。


なるほど、言われて見れば確かに自分が持っていた貯金箱も割らないとお金が取り出せないものばかりでした。(でも、欲しいものがあると、結局途中で割ってしまう。。)

館長さんに、貯金箱の歴史や、世界の貯金に対する考え方の違いなど、「貯金箱の『へぇ~』」を沢山教えてもらえて賢くなれちゃいました!

あのキャラクターたちも貯金箱になっていたのか!


2階に上がると、たくさんのキャラクターたちの貯金箱が!

尼崎らしく、ダウンタウンのお二人の貯金箱もあります。(こんな貯金箱、あるんですね!)

「あ。そういえば、こんなキャラクターいた!いた!」

という昔懐かしのキャラクターの貯金箱から、今もアニメで流れている人気キャラクターの貯金箱まで、親子でもわいわい楽しめるひと時です。

貯金箱だけで作られた王国貯金箱ランド


こちらは、まるでおもちゃの国のようなカラフルな貯金箱ランド。よく見ると、ちゃんとストーリーになっているんです。貯金箱だけで王国のお話がつくれるなんて、貯金箱って本当にたくさんの種類があるんですね。

貯金箱たちが紡ぎだすお話を想像してみるのも面白いかもしれません。

最後に…

いかがだったでしょうか。入館無料はもちろんのこと、阪神尼崎駅から徒歩5分と駅近で、阪神尼崎駅周辺の散策にぴったりのスポットです。同じく尼崎信用金庫さんが運営するお隣の「尼信会館さん」も是非チェックしてみてくださいね!

※写真は取材当時のものです。展示替えにより、変更されている場合がございます。

施設情報

住所 尼崎市西本町北通3丁目93
アクセス 阪神電車尼崎駅から南西へ徒歩約5分
     (無料駐車場もあり)
TEL   06-6413-1163
開館日  火曜日~日曜日
休館日 月曜日、祝休日(土曜日・日曜日と重なる場合は開館)、12月29日~1月5日
URL(外部リンク) https://www.amashin.co.jp/sekai/

地図を印刷する

TOPへ戻る