【ホッと!HANSHIN4月号連動企画】尼崎で御朱印めぐり。

春爛漫の尼崎城。その城下町には歴代城主の祈願所だった神社や11の寺院が集まる「寺町」など、往時の空気を感じられる場所が点在。
それぞれの社寺を参拝した証に御朱印がいただけるので、個性豊かな御朱印を集めるのも城下町の楽しみ方の1つ。
春を感じながら、あまがさきの町をグルっとぐるっとめぐってみませんか。

※新型コロナウイルス感染症の影響がありますので、来場・来店される場合は最新情報をご確認ください。
※御朱印について:社寺によってはお手持ちの御朱印帳への記帳を控え、あらかじめ用意した御朱印(書き置き)を授与する場合があります。

(この記事はホッと!HANSHIN4月号との連動企画です。)

界隈随一のパワースポット

①尼崎えびす神社

商売繁盛や家内安全を願いに多くの人が訪れる「尼のえべっさん」。境内には触ると癒される世にも不思議な「月象石」や勝負運を授けてくれる願掛け馬「勝馬さん」、稲荷神に願い事をする「願掛けきつね」など、万人を幸せに導く祈願所が随所に。

☎06-6411-3859

●尼崎市神田中通3-82
■社務所お守り授与9:30~16:00、御朱印授与
10:00~12:00、13:00~16:00

■無休

■拝観自由

■尼崎駅▶徒歩約5分

https://www.amaebisu.com/

通常初穂料300円。
願掛け稲荷初穂料500円。

御朱印は通常、月替わり、願掛け稲荷の3種。遊び心のある筆使いと印が魅力。

江戸時代より地元の総氏神

②貴布禰神社

かつて尼崎城主の御祈願所だったことから、地元では「尼崎の総氏神」として親しまれる。毎年8月には夏祭りがあり、年3回(3・5・10月)落語の寄席が行われる。街並みに溶け込む深緑の大鳥居と300年以上変わらない山門のコントラストは必見。

☎06-6411-0170

●尼崎市西本町6-246

■9:00~17:00

■無休

■拝観自由

■出屋敷駅▶徒歩約5分、尼崎駅▶徒歩約15分

http://kifunesan.jp/

貴布禰神社の御朱印。右側にだんじりの山合わせの御朱印も。初穂料300円。
かつて城内にあった末社・白波稲荷神社の御朱印。初穂料300円。

寺町で存在感を放つ多宝塔

③長遠寺

観応元年(1350年)に日恩上人が開いた寺院は、本堂のまわりに立派なソテツが茂る、日蓮宗らしい風格。また、寺町の中で最も美しいといわれる多宝塔が境内にあり、桃山時代の華やかさをよく表した建築物として国の重要文化財にも指定されている。

☎06-6411-0573

●尼崎市寺町10

■7:00~16:00

■無休

■拝観自由
■尼崎駅▶徒歩約7分

「南無妙法蓮華経」を大きく記すのが日蓮宗の特徴。御朱印料300円。

現存する尼崎最古の名刹

④大覚寺

阪神間では珍しい律宗の寺院。605年、聖徳太子が百済の高僧に命じて建立した寺・燈炉堂が起源といわれる。毎年2月の節分会では本堂前にある能舞台でセリフのない「身振り狂言」が奉納されるなど、城下町の古き良き文化を今に伝える。

☎06-6411-2705

●尼崎市寺町9

■8:00~17:00

■無休

■拝観自由
■尼崎駅▶徒歩約6分

https://amagasaki-daikakuji.com/

「千手大悲閣」は千手観音様を祀るお堂を意味する。御朱印料300円。

現代によみがえった町のシンボル

⑤尼崎城

400年の時を経て再建された天守。その内部はVRシアターから剣術&鉄砲体験まで、遊びながら城の歴史が分かるコーナーが満
載。5階の展望ゾーンではタブレットを操作して江戸時代と今の風景を見比べることも。城下町散策とは違った発見があるはず!

☎06-6480-5646

●尼崎市北城内27

■9:00~17:00(最終入城~16:30)

■月曜休(祝日の場合は営業、翌日休)、12/29~1/2休

■一般・学生500円、小・中・高校生250円、未就学児無料

■尼崎駅▶徒歩約5分
https://amagasaki-castle.jp/

御登城記念証は戸田、青山、松平の歴代城主の家紋入り。300円。

天下五剣の一つが眠る寺

⑥本興寺

法華宗四大本山の一つ。寺町で最も広い境内には開山堂や三光
堂、方丈といった国の重要文化財、六つの塔頭(独立した寺院)、専門学校を有する。また、天下五剣の一つ、数珠丸などの宝物も多数所蔵。毎年11月3日の虫干会に一般公開される。

☎06-6411-3217

●尼崎市開明町3-13

■5:00~17:00

■無休

■拝観自由
■尼崎駅▶徒歩約5分

http://www.hokkeshu.or.jp/honzan/honkoji.html

“本門八品”は法華経が大切にする教えを指す。御朱印料300円。

尼崎城の史跡がたくさん!

⑦櫻井神社

尼崎城最後の城主、櫻井忠興公をまつる。境内には築城当時の
橋の礎石や本丸御殿の棟瓦が残っていて、往時の栄華がしのば
れる。拝殿の軒瓦は桜の花をかたどった社紋が並び、境内の桜が満開になる頃には美しい桜と瓦桜の共演が拝める。

☎06-6401-6643

●尼崎市南城内116-11

■7:00~18:00(授与所9:00~17:00)

■無休(授与所は不定休)

■拝観自由

■尼崎駅▶徒歩約5分
http://www.ama-jinja.org/09-sakurai.html

「尼崎城史跡」の字に櫻井櫻の社紋が押印される。初穂料500円。

尼崎みやげの新定番

⑧Patisserie aRc.

尼崎特産の生醤油を使った焼き菓子「尼どれーぬ」など、独創的な発想とユーモアのきいたスイーツが充実。一番人気は、とろける食感にこだわった新作「生プリン」。10種以上のフレーバーの中から日替わりで2~3種が登場するので早めにゲットしよう。

☎080-3241-0536

●尼崎市神田中通3-80 ダイシンマンション1F

■12:00~21:00

■不定休

■全面禁煙

■尼崎駅▶徒歩約5分
https://www.facebook.com/p.arc.q/

「生プリン」各250円。写真左からプレーン、旬のいちご、ほどよい苦みのキャラメル。

城下町散策のおともに!

⑨たこ焼 岡

寺町で愛されること40年。毎朝、岡さんご夫妻が鶏ガラでだしを取って生地をつくるたこ焼きは、中がとろとろ、何個でも食べられる軽さ。おいしさの秘密は?「わての愛情が入ってるから」と奥様・幸子さんの接客も楽しい。

☎06-6412-4764

●尼崎市東桜木町16
■10:00~18:00 ※売り切れ次第終了

■不定休

■全面禁煙

■尼崎駅▶徒歩約6分

なんと、たこ焼きは14個200円とリーズナブル。値段は開店以来据え置き!

懐かしさにホッとひと息

⑩なないろカフェ

もともと小学校の職員室だった空間は天井が高く、開放的。テーブルやイスも実際に小学生が使う高さのものなので、座ると懐かしい気分に。ランチプレートに武庫川産黒鯛のフライや丹波篠山産有機野菜など、地元食材がたっぷり使われているのもうれしい。

☎050-7132-7228

●尼崎市開明町2-1-1 開明庁舎1F

■11:30~21:45
(ランチ~14:00LO、ディナー17:00~21:00LO)※ディナーは予約制

■月曜休(祝日の場合は営業、翌平日休)

■全面禁煙

■尼崎駅▶徒歩約3分
https://7716cafe.com/

テラス席も完成!

「ローストビーフランチ」
1,408円は写真のプレートにスー
プ、ライスorバゲットが付く
濃厚な「チーズケーキ」748円。

Goshuin Column ❶
阪神電車社員に訊いた御朱印めぐりの魅力

今も脚光を浴びている御朱印めぐり。尼崎駅下車後、尼崎城から始まり、歴史空間の寺町をめぐりながら、神社仏閣を参拝して個性豊かな御朱印がいただけますよ。

Goshuin Column ❷
個性派ぞろい! オリジナル御朱印帳

ひらいみもさんが描いた
尼崎えびす神社の御朱印帳。ミモザと倉持ちえびすをあしらった表紙がキュート。2,000円(御朱
印付き)。
社紋の桜をモチーフに、
表に尼崎城、裏にシャチ
ホコがデザインされた櫻
井神社の御朱印帳。ピ
ンクと紫の2種各2,000
円(御朱印付き)。
本興寺の御朱印帳は表
紙か裏表紙に名刀・数
珠丸がデザインされた、
刀剣ファン垂涎の仕上
がり。全3種各2,000円
(御朱印付き)。

地図を印刷する

TOPへ戻る